脱サラして二年経過したので一年目と色々と比較してみた

脱サラして二年経過したので一年目と色々と比較してみた

2019年10月を迎えて脱サラから二年が経過しました。

順風満帆とは言い難い脱サラではありますが、なんとか生き延びております。

現在の状況を脱サラ一年目と比較して思ったことを綴ってみようと思います。

一年目と二年目の比較

項目 一年目 二年目
1日の作業時間 12時間~14時間 10時間程度
睡眠時間 6時間程度 6時間程度
最高売上 30万円程度 130万円程度
組織体 個人事業主 個人事業主
固定費 15万円程度 15万円程度

稼げるようになっても一年目と何も変わらない

一年目との比較表を見てもらえれば分かるかと思いますが、生活はそれほど変わっていません。

売上は運よく4倍ほどになっていますが、現在も作業は一日10時間程度していますし、使うお金も増えていません。

脱サラ一年目から休みという概念がなく、予定がある日が自然に休みになります。

月に100万円以上稼ぐ人って、なんか優雅な暮らしをしているイメージがありましたが、実際に自分が100万円稼げるようになってみると月20万円稼いでいた頃と何も変わらないことに気が付きました。

高価なものを買いたい欲求もなく、お酒も飲めず、バカ舌なので『美味い』か『ちょー美味い』しか味覚がないので松屋が神様ですのでお金を使わない省エネ体質です。

作業時間が少し減っていますが、減った時間は運動にあてていて毎日1~2時間のランニング(8km~10km)をしています。

そうゆう意味では一年目よりも健康的かもしれません。

精神的には、脱サラ直後からなんら変わらず『必死』です。

度重なるグーグルのアップデートに振り回されながら、上がったり下がったりしているので常に『やらないとやられる感』があります。

それが自分の行動のモチベーションになっているのかもしれません。

まとめると、変わったのは作業時間が少し減って運動する時間が少し増えた程度でしょうか。

稼げるようになって生活が激変する人もいるかと思いますが、私の場合は稼げてもなんら変わらず必死に毎日を生きています。

引き続きアフィリエイトは不安定

脱サラ一年目と比較すると二年目は順調に売上が伸びましたが、グーグルのアップデートの度にサイトが上がったり下がったりで安定せず、アフィリエイト事業が不安定であることに変わりはありません。

売上が伸びたのはいくつか持っているサイトの一つが運よくアップデートに引っかからなかっただけです。

正確にはアップデートの影響を受けて下がってもいますが、修正を繰り返してなんとか食らいついている状態です。

少し成長した点としては、アップデート後に傾向を見れるようになったことでしょうか。

ってか、最近のグーグルさんアップデートしすぎじゃありませんか?

もう検索順位整ってますよ、グーグルさん。。。

アフィリエイトを始めた2014年から毎月収支の報告をしています。
これまでの報酬の推移に関しては別ページでまとめてありますので、どうぞご覧ください。

三年目は自作ワードプレステーマ作成に挑戦する


10月からは脱サラ三年目に突入するわけですが、新たな挑戦として自作ワードプレスのテーマ作成の為に勉強を開始しました。

オンラインでの受講で受講費は25万円程度です。

今の自分には大きな出費ですが、自分がワクワクすることがしたいと思って決断しました。

もちろんアフィリエイトは引き続き行っていきますし辞めることはありませんが、これからは勉強とアフィリエイトで忙しくなります。

時間でいったら毎日5時間づつくらい割り振れたらと思っています。

そしてこれは夢ですが、自分が作ったテーマをアフィリエイターさんがアフィリエイトしてくれたら、なんて考えると、とってもワクワクします。

その為に、三年目はwebデザインやPHP、JavaScriptの勉強を頑張って自作テーマを皆さんに公開するのが目標です。

脱サラは甘くない!

なんとか脱サラから二年間生き残る事ができましたが、『楽しい』とか『幸せ』とかいう感覚よりも『大変だった』という感覚の方が強いです。

特に一年目は確定15万で脱サラしてしまったので、結局一年で200万円くらいの赤字が出ました。

この時の、お金(貯金)がなくなっていくストレスは想像以上でした。

この時はアルバイト情報誌を家で読んでいました。

夜も寝られませんでした。

サラリーマンは大変でしょう?今の時代は脱サラです!などの言葉に騙されてはダメです!

実は脱サラは剥げるくらいストレスがかかります

だけど、サラリーマンの時と違うのは自分の道を自分で決められるということでしょうか。

例えるなら、鳥かごで飼われるか(サラリーマン)、カラスのように過酷な環境で生きるか(脱サラ)と言ったところでしょうか?

下手にカラスになると環境の良い鳥かごに戻るのは大変なことです。

カラスとして生きる覚悟がある方は、むやみに鳥かごを出ずにまずは外の環境とエサの取り方を先輩から学びましょう。

脱サラは大変です。でも私にはカラスが向いているのかもしれません。

上手く脱サラ三年目も超えることが出来たら、また脱サラから三年経過したブログを更新しますね。

なお一年前に書いた記事(脱サラ一年目)は下記になりますので、よかったらご覧になってください。

日記カテゴリの最新記事