アナリティクスデータから見る12月(年末)のアクセス状況

アナリティクスデータから見る12月(年末)のアクセス状況

12月は扱っている案件によって明暗がくっくりと分かれる月ですね。

特にアクセスの推移ではっきりと好調なサイト、不調なサイトに分かれますよね。

確かにアクセスが全てではありませんし、キーワードを絞ってピンポイントで成約につなげるアフィリエイトの手法もありますが、ロングテールによってキーワードを拾っていくやり方でサイトを作っている人からすると結構厳しい月となるかもしれません。

アクセスが落ちると検索順位が落ちたのか心配になりますよね。

そんな気になる12月のアクセス状況ですが、私のサイトの昨年の12月のデータからどのように推移していくか参考にしてもらえたらと思います。

ジャンルによってもアクセスは変わってくるかと思いますので、3ジャンルの2016年12月のデータを載せておきます。

美容系ジャンルの12月のアクセス推移

美容系ジャンルの年末のアクセス推移
美容系サイトのアクセスは、中旬頃にピークを迎えてそこからジリジリと下がっていき、年末が一番少ないアクセスとなっています。

エンターテインメント系ジャンルの12月のアクセス推移

エンターテインメント系ジャンルの年末のアクセス推移
エンターテインメント系は、20日頃にピークを迎えて年末に一番低いアクセスとなっています。

サービス系ジャンルの12月のアクセス推移

サービス系ジャンルの年末アクセス推移
サービス系は、20日頃まで安定してアクセスがあって25日を過ぎたあたりでガクッとアクセスが下がっています。年末ではいつもの4分の1程度にまでアクセスが下がっています。

12月のアクセスは期待できない?

3ジャンルのデータにはなりましたが、3ジャンルとも年末につれてアクセスが下がっているのが分かりますね。

アクセスの落ち方はジャンルによって変わってきますが、年末が一番低いアクセスとなっています。

ただ全てのジャンルで年末に調子が悪いというわけではなく、カニやおせちに関係するサイトなんかは逆に一年で一番アクセスが上昇する月にもなります。

私が扱っているサイトは残念ながら全て年末に調子が悪いサイトで20日頃から毎年胃が痛いです。。。

では12月の成約状況ってどうなのよ?

私が扱っている上記の3ジャンルでは毎年12月の中旬までは調子が良いです

アクセスはいつもと変わらない状況で制約が1.5倍になるといった印象です(あくまで体感です)。

ただ、年末のアクセス激減時期では成約してきません。

だいたい20日頃まで『やべー、このままいくと記録更新だぁぁぁあ』なんてテンションが上がって、年末にアクセスの減少とともに成約件数も激減し、終わってみるといつも通りに着地するってのがお決まりパターンです。

まとめ

12月は毎年上がっては下がる、疲れる月になりますが、去年のデータなんかがあると割と心が落ち着きますね。

そろそろ私のサイトも年末モードに突入しますが、アフィリエイターとしてやるべきことって年末でもあまり変わりません。

記事作成と既存記事の修正です!

少ないアクセスに意気消沈している暇があったら記事を書きましょう!

なんて、自分への励ましの意味も込めて書いてみました。

ちなみに、1月はだいたい4日頃からアクセスが徐々に戻ってきます。
それまで歯を食いしばって頑張りましょう!

何も咲かない寒い日は、
下へ下へと根を伸ばせ。
やがて大きな花が咲く。

by.高橋尚子

⇓こちらの記事も併せてご覧になると、ほんのちょっと心が落ち着くかもね。

SEO対策カテゴリの最新記事