アマゾンアソシエイトが稼げない3つの理由

アマゾンアソシエイトが稼げない3つの理由

アマゾンアソシエイトが稼げない理由

現在ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)と言われる広告を扱える会社はいくつかありますが、大手ネットショッピングモールアマゾンでもアマゾンアソシエイトでアマゾンで売られている商品をアフィリエイトすることができます。

ただ安易に、アマゾンで紹介されているからと言ってアフィリエイトしてしまうのは危険です。

危険と言うか、アマゾンアソシエイトでは効果的に稼ぐことはかなり難しいと言わざるを得ません。
その理由をご紹介します。

アマゾンアソシエイトは紹介料率が低い

基本的なamazonアソシエイトの紹介料率を確認しておきましょう。

紹介料率 商品カテゴリー
10% Amazonインスタントビデオ、Amazonコイン
8% Kindleデバイス、Kindle本、Kindleアクセサリ、Androidアプリ、デジタルミュージックダウンロード、食品&飲料、お酒、コスメ、服、ファッション小物、バッグ、シューズ、ジュエリー
5% ヘルス&ビューティ用品、ペット用品
4% DIY用品、ベビー・マタニティ用品、スポーツ用品、ギフト券
3% 本、文房具/オフィス用品、おもちゃ、ホビー、インテリア/家具/寝具、キッチン用品/食器、生活雑貨、手芸/画材
2% CD、DVD、ブルーレイ、ゲーム/PCソフト(含 ダウンロード)、カメラ、PC、家電(キッチン家電、生活家電、理美容家電)、カー用品、バイク用品、腕時計、楽器
0.5% フィギュア
0% ビデオ
紹介料上限 1商品1個の売上につき1,000円(消費税別)

Amazonアソシエイト・プログラム紹介料率表より抜粋

まず全体的に紹介料率が低いですね

最大で10%の紹介料ですが、Amazonインスタントビデオ、Amazonコインの2分野しかなくアフィリエイトの仕方にかなりの制限がかかってしまいます。

例えば1万円の商品が1つ売れて紹介料率が5%だったら、500円の成果報酬が受け取れることになります。

1万円の報酬を得たかったらこの商品を20個売る必要があるということですね。

A8.netやafbなどの大手ASPと比較すると、この紹介料率の低さは明確でA8.netやafbで紹介料率5%の商品があっても誰もアフィリエイトしようと考えないでしょう。

A8.netやafbでは紹介料率の相場は最低でもだいたい15%以上に設定されています。

在庫がない、リンク切れが起きやすい

《アマゾンアソシエイト》在庫切れ
アマゾンアソシエイトでは商品ページに飛んでみたらその商品の在庫が切れていたり、アフィリエイトコードのリンクが切れて商品ページがなくなっていたりなどもよく起きます

他のASPでは提携した商品の提携が終了する時には、メールにて広告終了のお知らせがくるので対処できるのに対して、アマゾンアソシエイトでは在庫が切れていても、商品ページがなくなっていてもお知らせがないためです。

もちろんアマゾンアソシエイトではクッキーが24時間設定されているので、クッキーによる効果は狙えますが、それでも在庫切れ、リンク切れによる機会損失は大きいです。

現状、アマゾンアソシエイトの在庫切れ、リンク切れを効果的に見つける方法はないので、リンク先の確認の為には自分でリンクを分でリンク先を確認する必要があります。

リンクが増えればそれだけ広告のメンテナンスにかける時間が多くなることを意味し、それは記事作成の時間がなくなることを意味します。

広告メンテナンスにかける時間が多くなることもアマゾンアシエイトが稼げないと言われる理由の一つです。

なお、広告のメンテナンスの重要性ついては別ページにまとめましたのでそちらを参考にしてください。
⇒ アフィリエイト広告を定期的にメンテナンスする重要性

クッキー有効期間が短い

アマゾンではクッキーによる商品成約期間を24時間と設定してくれています。

《クッキー(Cookie)とは》
サイト訪問者の情報をパソコンに保存するシステムのことで、行動追跡ができるシステムの事です。
正確には『トラッキングクッキー』と言います。

商品購入者が販促記事を読んでくれて、商品に興味を持ってくれて、リンクを踏んでそのまま商品を購入する割合というのは実はそんなに多くありません。

というより、商品購入ページで価格や送料、性能、特徴などを確認したら、訪問者は商品の購入を検討するか、類似商品の比較をします。

そうゆう意味ではアマゾンアソシエイトの24時間というクッキー期間は短いと言わざるを得ません。

ちなみに楽天アフィリエイトではクッキーの期間は30日間になります。

クッキーの有効期間が短い点もアマゾンアソシエイトが稼げない理由です

じゃあアマゾンアソシエイトはダメなの?

ここまでアマゾンアソシエイトが稼げない理由を書いてきましたが、それでも私はアマゾンアソシエイトを使っています。

ただ、ASPを選ぶ優先順位としてアマゾンアソシエイトが低いだけです。

『この商品いいな、アフィリエイトしたいな』と思ったらまずA8.netやafbなどの大手ASPで広告がないか確認します。
大手ASPで扱ってなかったら、楽天アフィリエイト、楽天アフィリエイトでもなかったら最後にアマゾンアソシエイトという順番です。

ASPを選ぶ優先順位を間違えてはアフィリエイトで効果的に稼ぐことは難しいです。

A8.netで成果報酬20%でアマゾンアソシエイトだと1%とかざらにありますから

現在アマゾンアソシエイトを中心に広告を扱っているのであれば、大手ASPの広告に変更するだけ報酬が上がる可能性もあるということです。

まとめ

アマゾンアソシエイトでは大きく稼ぐことは狙わず、チリも積もれば山となるでコツコツと拾っていくことをおすすめします。

ただアマゾンアソシエイトのリンクを増やすことはメンテナンスにかける時間も大きくなることを意味します
アマゾンアソシエイトを利用する時には、自分がアフィリエイトにかける時間も計算する必要があります。

扱うASPの優先順位を意識して商品をアフィリエイトするようにしましょう。

⇓こちらの記事も併せてご覧になると、アフィリエイトにプラスに働きます。

サイトアフィリエイトのやり方カテゴリの最新記事