ライバルは1年前の自分に設定すること

アフィリエイトをしていると自分がどの程度成長しているのかとか、報酬がどの程度伸びているのか、ブログ自体は育っているのか、など不安を覚える時があります。

よく言われることの中に「ライバルは昨日の自分」という言葉があります。

しかしアフィリエイトの場合これは適当ではなく、私が心がけているのは比較するのは1年前の自分だと言うことです。

先月と今月は比較してはならない理由

アフィリエイトの場合、広告にもよりますが先月調子良かったものが今月は調子悪かったり、そんな乱高下があったりしますよね。

例えば、制汗剤スプレーの広告を扱っている場合、売れる時期というのは6月から8月の夏場になるわけです。

それを単純に、制汗剤スプレーのサイトを運営しているにもかかわらず8月に比べて9月の報酬が落ちたとかPVが減ったとか考えて気分が落ちるわけですね。

通常であれば、良質な記事を追加していけばその媒体は年月とともに成長するわけですが、このように、先月の自分と比較してしまうとページビューだったり報酬だったりが下がってしまってると言うこともあり得るわけです。

アフィリエイト一生懸命やっているとその一喜一憂がとっても疲れるわけですね。

そこでオススメしたいのが、比較の対象を1年前の自分に設定することです。

1年前の自分であれば、売れる広告の時期も一緒ですし、ページビューの伸びなんかも一緒です。

ですので、毎月ごとの簡単な報酬やページビューの記録を残しておくとすぐに比較できて楽ちんですよ。
自分が成長していることが自覚できると、すごく心が落ち着くものです。

ぜひオススメですので、ライバルを1年前の自分と設定して、これからもアフィリエイトに取り組んでみてください。

当サイト一押し教材

佐久間稔とは

佐久間稔プロフィール

10歳から27歳までサッカー一筋のサッカーバカ。

24歳から27歳までの4年間は岩手県のJリーグを目指すFCガンジュ岩手にてプロとしてサッカーで生計を立てる生活をしていました。

27歳の時に膝の半月板を損傷しサッカー選手引退しました。

それからは自分の第二の人生の生き甲斐を探すようになり、2013年(30歳)に仕組みで稼げる事に魅力を感じアフィリエイトに没頭するようになりました。

現在は、サラリーマンのかたわら副業としてアフィリエイトに取り組んでいます。

ツイッターやってます♫