【佐久間式】クリック課金型アフィリエイトのやり方

グーグルアドセンスを使う

クリック課金型アフィリエイトではグーグルアドセンスを使います。

他にもクリック時点で報酬が発生する広告はいくつかありますが、グーグルアドセンスが一番精度が高くクリック率が高いです。ここはグーグルアドセンスで間違いありません!

グーグルアドセンスの広告が優れている点として、

  • 閲覧者の過去の検索ワードから関連性の高い広告を表示してくれる
  • 閲覧ページの内容に合った広告が表示される

が、挙げられます。

実は、私が3,000円以上の広告からサイト内容を選んでいるのもグーグルアドセンスを使う事が理由の一つでもあります。

参考:【佐久間式】成果報酬型アフィリエイトのやり方

アドセンスの広告はオークション形式で表示の順番が決められています。

例えば、広告主側からすると1つ売れて1,000円の利益が出る商品よりも1つ売れて10,000円の利益が出る商品のほうがかけられる広告費も大きくなりますよね。

なので高単価な広告であればあるほどオークションでの提示される1クリックあたりの広告額が大きくなる傾向にあるというわけです。

トレンドブログでアドセンス収益を狙うやり方の収益が低いのは表示される広告単価が低いからなんですね。

クリック課金型アフィリエイトはグーグルアドセンスで特化型ブログ(サイト)で決まりです!

アドセンス収益の一般的目安と私のやり方

クリックを促す一番の方法はなるべく多くアクセスを集めることになります。

なので今流行っているトレンド記事を書いてアクセスを集めるわけですが、トレンドになる記事は広告単価が低い傾向にあるのはご説明しました。

私のメインサイトは一か月のアクセス数は 15,000ページビュー程度ですが3万円程度のアドセンス収益あげています。

通常、アクセス数の1%程度がクリック率になりますので、私の場合であれば15,000÷100=150クリック。

通常であれば1クリックあたりのアドセンス単価は30円程度だと、150クリック×30円=4,500円ということになります。

【一般的なアドセンス収益の目安】

40,000 PV …1万円
120,000PV …3万円
200,000PV …5万円
400,000PV …10万円

しかし、私のアドセンス収益は30,000円÷150クリック=200円となります。

一般的なアドセンス単価が30円程度なのに対して私の平均アドセンス単価は200円程度と高めです。

これは3,000円以上の成果報酬が発生する、比較的高単価な広告を扱っている為ですね。

3,000円以上の広告は、アドセンスにも高い広告料を支払う傾向にある為、少ないクリック数でも比較的まとまった金額になるというわけです。

クリック課金型アフィリエイトの広告位置

クリック課金型広告位置私のような成果報酬型の広告とクリック課金型広告を扱っている者にとって広告の位置は生命線です。

ではどこにクリック型広告を配置するかというと、記事(本文)上とサイドバー上の二カ所になります

これはサイトに訪問してくれた方が検索エンジンに戻るのを防ぎ、訪問者の興味のあるページに逃げられるようにする為です。

上記で説明したようにアドセンスでは訪問者の過去の検索ワードから興味のありそうな広告を表示してくれる機能があります。

訪問者がサイトに訪れた時に『あれっ?思ったのと違うぞ。』と感じた時に記事上にアドセンス広告を配置してあることで、訪問者を逃がす働きがあります。

アドセンス広告を扱う上での注意点

少しでもアフィリエイトに詳しい方であればもうお気付きかもしれませんがアドセンス広告は1ページに3カ所までと決められているのであと一カ所配置できるじゃん?とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

フッターにアドセンスを配置したり、記事途中にアドセンスを配置したりするのもありだとは思いますが、

しかし、私のアフィリエイトのやり方の主役はやはり成果報酬型広告になります

なので一番広告のクリック率の高い記事下に成果報酬型広告を配置しています。

そして、広告はできるだけ少なくし、成果報酬型広告へなるべく進んでもらうようにしています。

安易にアドセンス広告を記事上とサイドバー上という、ページ上部に配置しているわけではなく、興味関心の薄い閲覧車の為の逃げ場としての最適な場所としてページ上部に広告を配置しているわけです。

当サイト一押し教材

佐久間稔とは

佐久間稔プロフィール

10歳から27歳までサッカー一筋のサッカーバカ。

24歳から27歳までの4年間は岩手県のJリーグを目指すFCガンジュ岩手にてプロとしてサッカーで生計を立てる生活をしていました。

27歳の時に膝の半月板を損傷しサッカー選手引退しました。

それからは自分の第二の人生の生き甲斐を探すようになり、2013年(30歳)に仕組みで稼げる事に魅力を感じアフィリエイトに没頭するようになりました。

現在は、サラリーマンのかたわら副業としてアフィリエイトに取り組んでいます。

ツイッターやってます♫