今日は引っ越し業務で死にました( ꒪﹃ ꒪)

私の仕事は主にドライバーさんの管理をしているサラリーマンです。

しかし、時期は4月!
新シーズン到来ということで、引越しの時期でもあります。

この時期ばかりは、うちの会社も引越しのお仕事をいただくことがありますが、今日はドライバーさんが足らないということで私が引越し現場の担当ドライバーとなりました。

結果、身体バキバキです(ー ー;)

今日の荷物

今日、担当させていただいたお宅は一人住まいのお宅でした。

荷物の量も普通の一般男性並みくらいありました。

  • ダンボール12箱
  • ハンガーラック2組
  • 布団3組
  • こたつ
  • ガス台
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機

これらの荷物の私一人で搬出入するのが私の今日の仕事です。

そして、お客様の立地にもやられました(°_°)

荷物を出すアパートがエレベーターなしの2階です。
まぁ、これはしょぅがない所はありますし、2階なんてのはトレーニングだと思えば楽勝です!

しかし、荷物を入れるマンションが3階のこれまたエレベーターなしです(°_°)チーン

ちょっと何往復したのか忘れてしまいましたが、荷物を出すのに2階までを20往復、荷物をのに3階までを20往復くらいです。

普段、日課で走っている私もこれには足フラフラの上腕二頭筋ピキピキです´д` ;

事務所にいるより現場の方が好きな私ですが、今日はあいにくの雨で肉体労働。

まだ私の身体が言うことをきくので無理できますが、これが50代になったら倒れてると思います(・・;)

年齢を重ねても『しょうがない』と言いたくない

しかし、その時もサラリーマンだったら私は今日のように雨の中現場をかけづりまわって仕事をするしか選択肢がありません。

これは少し極端な例ですが、サラリーマンという仕事は『しょうがない』と自分に言い聞かせて身体にムチを打つ仕事であることは他業種でも一緒です。

早くサラリーマンから抜け出さなければと強く思った、引越し現場の お仕事でした。

当サイト一押し教材

佐久間稔とは

佐久間稔プロフィール

10歳から27歳までサッカー一筋のサッカーバカ。

24歳から27歳までの4年間は岩手県のJリーグを目指すFCガンジュ岩手にてプロとしてサッカーで生計を立てる生活をしていました。

27歳の時に膝の半月板を損傷しサッカー選手引退しました。

それからは自分の第二の人生の生き甲斐を探すようになり、2013年(30歳)に仕組みで稼げる事に魅力を感じアフィリエイトに没頭するようになりました。

現在は、サラリーマンのかたわら副業としてアフィリエイトに取り組んでいます。

ツイッターやってます♫