武井壮の知られざるチャリティーに対する名言

以前に武井壮さんが沖縄マスターズに参加した際の姿勢や発言がかっこ良くてとても感銘を受けたのでご紹介しました。
武井壮(41歳)魂の名言

あれ以来、武井さんのファンで彼の一挙手一投足に注目しています。

少し前ですが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)支援の一貫でフェイスブック上で次の人を三人指名して氷水を被るか寄付するかを選択するというのが話題になりました。

その際にロンブー淳さんに指名された武井さんですが氷水を被りませんでした。
その理由がとても素晴らしかったので、武井さんの番組で語った思いとツイッターでの発言からご紹介します。

武井壮難病支援への名言

音声のみですが、私は聞き入ってしまいました。
2006年に芸能界にデビューした武井さんですが、今では番組に引っ張りだこの人気芸能人ですよね。

こうした状況を受けて自分の収入も仕事とともに上がったと言います。
この頃から、世界で寄付が必要としている所を勉強されたり、それにまつわる病気なんかについても勉強したようです。

そして今年話題になったALS支援の一貫での寄付以前にも様々な所に寄付されていたようです。
そんな中、今回のALSの指名を受けたので武井さんはALSよりももっと支援が必要な所への寄付を選択されたようです。

音声にもありますが、文章でも武井さんの言葉を書き起こしてみたのでご参照ください。

色んな病気がでてきたりだとか、色んな災害があったりだとか色んな地域で水の問題があったり食の問題があったりとかしてたもんで、優先順位はないんだけれども、どれも等しく助けが必要なものだと思うんだけど、その中でも自分の資材、資金は限られているものでその中から額を決めて出さなきゃいけないとなると、やっぱり選ばなければいけないというか、順序を決めなくちゃいけない。

武井壮のツイッター

アイスバケツチャレンジは否定してないのさ!オレは指名されなくても寄付するし他の病気もあるから学んで寄付したいだけね。お金渡すだけじゃやだから。
Facebookで氷水かぶる動画を寄付に触れずに載せた知り合いじゃない友達の人は削除した。。
でも寄付に貢献した人達は優しい人だからOKさ。

アイスバケツチャレンジ何かとお騒がせして申し訳ありませんが、キャンペーンで指名されて寄付行為をしないと決めています。自分の思う優先順位で自分の頂いた給与の中から寄付する先、金額をきめているだけなので、何も考えを変えることはありません。。地球上のみんなが平和に暮らせたら最高です。。

でもこのキャンペーンで多くの人がALSを知り、多額の寄付が集まった事は素晴らしいと思います。今後も世界中のたくさんの人たちが苦しみから解放される事を願います。これを世界に広めた著名人の皆様や寄付及び参加された皆様の行動に敬意を表したいと思います。私は少し違う形で支援致します。

現在、芸能人として引っ張りだこの人気者となった武井さんですがこのような素晴らしいマインドの持ち主だからこそ厳しい芸能の世界でも活躍できたんだと思います。

どんな世界もスキルが先かマインドが先かの話しが出てきますが、スキルによって活躍することもできるとは思いますが、それは一発屋で終わる可能性がすごく高いと思います。

今回の武井さんの言動を見ても、成功したいならまずは成功するに値するマインドを得ることが先決なように思います。

武井さんのような素晴らしい人間になりたいと本気で思いました。