A8.net 広告リンクと商品リンクの作り方と使い方

A8.net(アフィリエイトサービスプロバイダー)においてアフィリエイト商品の紹介の仕方には2つの種類があります。

広告リンクと商品リンクです。

この2種類の紹介の仕方を使う事で商品を上手に紹介する事ができるようになります。
それぞれの特徴、広告のリンクタグの作り方をご紹介します。

広告リンクと商品リンクの違い

広告リンクとは、提携したプログラムの指定されたバナーやテキストを使って商品を紹介するリンクの事です。
企業が既に用意してくれているリンクタグを使う事になるので、オリジナル製に欠けますがそのぶん手間はありません。

商品リンクとは、提携したプログラムのホームページの中にある画像を使って自由にバナーを作ったり、自分で決めた任意のテキスト文言を使ってテキストリンクを作って商品を紹介するリンクの事です。
自分で画像タグやテキストタグを決められるので、オリジナル製があるリンクを作る事ができますがそのぶんリンクを作る手間とメンテナンスの手間(後述します)があります。

どちらにも一長一短ありますが、全ての商品に商品リンク作成が認められているわけではありません(広告リンクは全てに用意されています)。

広告リンクの作り方

商品やサービスと提携したら広告リンクタブを選択します。
参加中プログラム
提携サイト、広告タイプ、バナーサイズと表示件数は任意で設定し広告リンクを表示を選択します。
広告リンク
表示されたリンクをコピーして投稿画面にペースとすれば広告リンクの完成です。
広告リンクコピー

商品リンクの作り方

商品やサービスと提携したら商品リンクタブを選択します。
商品リンクではさらに3つの紹介の仕方があります。

  • バナー
  • テキスト
  • フリー素材

一つづつ見ていきます。

バナー

商品リンクをバナーで作る事ができます。
まずはバナーで使う画像を入手します。
提携した商品やサービスのサイトに行き、バナーにした画像の上で右クリック>画像URLをコピーを選択します。
画像をコピー
A8.netの商品リンク作成ページに戻り、リンク先URL、掲載画像URL、提携サイトを選択します。
商品リンク生成
リンク先URLはページ上の商品リンクコード生成欄の商品リンクに記載されているURLをコピペします。
掲載画像URLは先ほど商品やサービスのサイトに行ってコピーした画像URLをペーストします。
リンクタグを掲載したいサイトを選びます。
商品リンクを作成を選択します。
バナー商品リンクが生成されたのでコピーしてサイトにペーストします。
バナーリンクコピー

テキスト

リンク先URLはページ上の商品リンクコード生成欄の商品リンクに記載されているURLをコピペします。
リンクテキストはリンクさせたい文字を入力します。
商品リンクを作成を選択します。
テキストリンク生成
テキストリンクが生成されたのでコピーしてサイトにペーストします。
テキストリンクコピー

フリー素材

リンク先URLはページ上の商品リンクコード生成欄の商品リンクに記載されているURLをコピペします。
掲載サイト選択します。
商品リンクを作成を選択します。
フリー素材生成
フリー素材が生成されたので、ここでできたURLをお好きな画像やテキストと一緒に使う事ができます。
※フリー素材は単体で使うことはできません。画像やテキストと一緒に使ってください。
フリー素材コピー

広告リンクと商品リンクの使い方

では広告リンクと商品リンクの使い方ですが、優先すべきは広告リンクになります。

その理由としてはメンテナンスが不要だからです。

確かに商品リンクは上手に使えば、他のサイトとの差別化や効果的なテキストリンクを生成する事でクリック率を上げたりなど良い面もありますが、使用した画像のURLが切れていたり、商品がなくなったりしてしまった時にはサイトのメンテナンスが必要になります。

数カ所しか商品リンクを使用しないような方はいいかもしれませんが、何十カ所も商品リンクを使用するようなかたはメンテナンスの手間も結構な負担になります。

なので優先順位的に希望する広告リンクがあるかどうか調べて、なかったら商品リンクを使うという流れになります。

ちなみに、上記でもご説明したように全てに商品リンクが用意されているわけではありません。
商品リンクがないものは商品リンクコード生成欄に『生成できる商品リンクがありません。』と記載されます。
商品リンクがありません
ご自分のアフィリエイトの仕方によって広告リンクと商品リンクを使い分けて使用しましょう。