武井壮の魂の名言

少し前の話題になりますが、タレントの武井壮さん(41歳)さんが沖縄マスターズという35歳以上の人なら誰でも出場できる陸上公式大会の種目100m×4に出場し世界記録に0.05秒及ばない42.25秒というタイムを叩き出しました。

それまでの様子をドキュメンタリー形式で『武井壮しらべ(TOKYO MXで放送されているバラエティ番組)』で放送されていました。

マスターズで記録を更新できずに悔しく、大会の夜に走っている武井さんにスタッフが問いかけました。
『武井さんにとってどういう事が負けなんですか?』

この問いに対する答えがあまりに素晴らしかったのでご紹介させていただきます。

武井壮の名言

武井壮(41歳)魂の名言

スタッフの問いに武井さんはこう答えました。

オレにとっての負けっていうのは誰かとの勝負とかどっかの記録との勝負じゃないんだよね。

今日の自分を明日の自分が上まってる、成長できるかどうかがオレの本当の勝負だから。

今日悔しいレースしてそのまま部屋戻って悔しいって言いながら横になって寝てたらオレは多分今日のままだし、だから今日レース終わったあと悔しさが抜けねーから、全力で走って明日のオレが今日より成長できてるとそう確信できるから。

それがずーっと続いてる限りは勝ちだから。

オレは絶対に負けないっすよ、その勝負にだけは、対自分との勝負だけは。

365日、365戦、365勝!勝つ続けてやろうと思ってますよ。

昨日の自分を越える

この武井さんの言葉を聞いたとき感動しました。

武井さんは芸能人として一般人とは比べ物にならないくらい多忙な生活を送っています。

そんな多忙な生活の中時間のやりくりをしてなんとか一時間捻出して、その時間をトレーニングの時間にあてていました。

明日は5時半出発だといいながら2時までトレーニングする。

そんな姿勢に感動しました。

自分より凄い人が自分より頑張っているんです。

私も毎日7時〜20時まで仕事して帰ってきてそこから副業タイムとなるわけですが、今日は疲れてるしとか、眠いしとか、ハプニングがあったしとか色んな言い訳をして休む時があります。

そうゆう所なんですよね、人間の本当の価値って。

苦しい時にどれだけのことができるか。

そんなことを武井さんのお言葉を聞いて感じました。

昨日の自分を越えられるように今日を過ごします!

365日、365戦、365勝!

自分に勝つ!!!

明日も頑張りましょう!