ダイニングイノベーション 西山知義社長の名言

うちの社長がパッションリーダーズという財団の会員のため、そのパッションリーダーズで講演された名経営者の方々の講演DVDを借りました。

今回借りたのは3枚で、そも3枚どれもとても勉強になるものでした。

車の移動中何回もリピート再生しています(‘ω’*)アハ♪

その中でダイニングイノベーションの西山知義社長の考え方がとても素敵だったのでご紹介します。

西山知義社長とは何者?

その前に西山知義社長ってどなた?ってビギナーの方に簡単に紹介しますと、焼肉屋さんの牛角の創業者で牛角の会社(レインズインターナショナル(現在の親会社レックス・ホールディングス))を上場させた手腕を持つ経営者です。

現在は牛角の経営からは手を引いて、その外食のチェーン店経験を生かしてダイニングイノベーションという会社を創業して既に海外展開されているやり手経営者様です。

しかし順風満帆な人生というわけではなく、牛角を始める前は不動産で起業したようですがこちらは他社と差別化することができず軌道に乗せることが出来なかったようですし、牛角自体も軌道に乗せる前はクレームの嵐で本当に大変だったと講演DVDでおっしゃっていました。

悔いのない人生を送るための名言

それでもいつも諦めずに挑戦し続けたことで成功を手にされているわけですが、そんな西山社長の言葉の中で印象に残った言葉がありました。

10年後にはきっと、
せめて10年でいいから戻ってやり直したいと思っているのだろう。

今やり直せよ。未来を。

10年後か、20年後か、50年後から戻ってきたんだよ今。

この言葉を聞いたとき、震えました。

いつも人は、過去を後悔しながら生きている生き物なような気がします。

それを悔い改める言葉として胸に刻みました!

「頑張る」とか抽象的な言葉ではなく、将来的にどうなりたいのか、そのために今日なにをするべきなのか、もう一度確認して悔いのない人生を生きようと思いました。

これは毎日見る勢いです(゜▽゜*)ニパッ♪