今日は営業、営業

今日は午後から二社新規開拓営業(本業)でご挨拶に伺ってきました。

今年から新規開拓に力を入れるべく毎週5〜6社ご挨拶に伺っています。

まだ種をまいている状態ですが、いつか実を出してくれる事を願って一社一社丁寧にご挨拶させていただいています。

今日はそこでご挨拶させていただいたある企業の社長様がとても印象的だったので記します。

運送業界30年以上の大ベテラン社長様

そこの社長様は私どもと同じく運送業をされている方でした。

年齢は聞けませんでしたがだいたい60代後半のご様子で、なんと運送業界30年以上の大ベテランの方でした。

営業というより運送業界のイロハのお話を聞かせてもらって勉強させていただいたような感じです。

そこでウチの業務内容、規模、現在の状況をご説明しました。

そうしたらその大ベテランの社長様がこうおっしゃいました。

では私のほうからもご挨拶に伺いますね。と。

さっきもいったように運送業界30年以上の大ベテラン社長様です。

運送業の酸いも甘いも知り尽くしていると言っても過言ではありません。

そんな社長様がわざわざ足を運びたいという、筋の通し方に感銘を受けました。

今年に入ってからもう20社以上にご挨拶に伺っていますが、今回のように反対に挨拶に行きたいと言ってくれた社長様はいませんでしたし、もしも反対に私が逆の立場であってもその言葉は口から出てこなかったと思います。

ビジネスは必ず人で帰結する

毎日仕事をしていると、リアルなんだけどゲームをしているようにドライバーさんを動かしたり、そこでいくら料金が発生するとかやっていたように思います。

しかし、当然ですが電話口からの注文には人がいるし、それを受けるドライバーさんも人です。

どんなにインターネットが発展しようとビジネスは最終的には人で帰結します。

私のような若輩者が大先輩の社長様に失礼ですが、今日出会った社長様はそのことをきちんと理解されている方でした。

この思考はこれからの営業活動にも役立たせますし、副業でも約に立ちます。

ビジネスは人で帰結します。

ゲームはプログラミングによって作られたバーチャルな人や物語で帰結しますが、リアルでは必ず人で帰結するんです。

これkらも人道に外れる事なく仕事に励もうと思います。