サラリーマンの仕事学

明日はサラリーマンがサラリーマンである事に感謝する日!

そう!

給料日です〜(>□<)喜ビームっ~~~~

そしてここ数日、事務所に顔を出していなかったので今回の給料明細を今日確認しました。

そしたら、昇給してる〜♩

先日体調を崩して下がっていたモチベーションが一気に上がりました+。:.゚ヽ(*´∀`) ノ゚.:。+゚

サラリーマンの最大の武器って、給料にあると思っています。

ある時間からある時間まで拘束されてそれを月に25〜6日続けると、特別な事がない限り決まった額の給料をいただけます。

もちろんそのの拘束された時間は会社の業績にプラスになるように行動しなければいけないわけだけど、もしも失敗しちゃっても給料はいただける。

この事って本当に凄い事だなぁ〜って思います。

会社の看板で仕事ができるってことですよね?

それは考えようによっっちゃあ上手く生かさない手はないと思います。

サラリーマンの仕事学

サラリーマンは会社の看板で仕事ができます

失敗しても上司に怒られるかもしれませんが給料はちゃんといただけます。

おそらく私のブログを読まれている方だったら私と同じように将来、何かで事を成したいと考えているはずです。

であるならば、自分という看板でチャレンジする前に会社の看板でまずは小さいチャレンジを繰り返して自身をつけるべくだと思っています。

もう一つは大切な事は、いただける給料の一定額を自分に投資し続けるこということです。

サラリーマンである限り一定の額の給料はいただけます。

それを服やアクセサリーなどの消費に回さず、本やセミナーにあて自分に投資を重ねます。

これはサラリーマンであることの最大の利点だと考えていますが、投資は余裕資金で行うという投資の格言がありますが、サラリーマンでいることでその余裕資金を自分に投資する事ができます。

さらに言うと、サラリーマンには昇給というとても甘い果実もあります〜

積極的に会社の看板でチャレンジする、自分に投資し続ける、この二点がサラリーマンの仕事学だと思っています。

サラリーマンの仕事学【注意点】

上記にあげたようにサラリーマンでいることで得られる事も確かにあり、ある程度のポジションにまでなれば仕事に対して上達しなに不自由なく生活できるようになります。

上記で挙げた会社の看板で勝負する事に慣れて、自分で勝負する事を忘れてしまいます。

いわゆる、サラリーマンのゆでガエル状態です。

それを防止する為にも、サラリーマンでいる状態でも副業などでチャレンジする力を身につける事が大切になります。

今年は私も副業で結果を出す年だと自負していますし、本業の他にビジネスの柱をもう一つ育てる事が今年の目標の一つにもなります。

明日は給料日です。

サラリーマンである事に感謝し、明日も頑張ります(。≧ω≦。)ノ