入社してから現在までの思考の変遷

先日、本業の方で昇給のお話をいただきました。

来年一月から昇給していただけるようです。

とてもありがたいお話ですが、来年から仕事が増えそうなのがたまに傷です。

でもまだまだスキル、マインドともに未熟なのでサラリーマンとして席を置いて勉強させていただこうかと思っています。

入社時の思い

思えば入社は2011年4月でした。

この頃は廣田さんの本(敗者復活力 (DO BOOKS))を読んでスモールビジネスに興味を持ち、近い将来軽貨物の世界で独立することを念頭に置いて入社しました。

なのでお金よりも経験を重視していいて、本当に寝ないで働きました。

それでもいただける給料は雀の涙程度でしたが、それでも私は必死に働き経験を得ようとしました。

そうしているうちに軽貨物に限らず仕事に対して人がぶつかるビジネス(コンサルタント、SEO業者、運送業etc)は仕組化しづらいことに気づきます。

仕組化しづらいというのは、いつまでも社長の力が必要で社長がいないと会社が回らない状態ということです。

自分が熱くなれるビジネス

軽貨物の仕事自体はとても好きでやりがいもあるのですが、やればやるほど軽貨物において成功イメージが捕らえられなくなりました。

そこで軽貨物のドライバーさんの管理(サラリーマン)をしながら再度自分が熱くなれるビジネスを探すことになります。

そこで今年の3月、ITの分野に興味を持ちました。

ITに興味を持った一番の理由は仕組化がしやすいということです。

仕組化すやすいということは、自分がいなくてもビジネスが回るということを意味して、それは同時にレバレッジが効くということでもあります。

単純な話、自分がいないと回らないビジネスは一馬力ですが、仕組を作って自動操縦にしてしまえば私は次のビジネスを立ち上げることが可能になり、それは二馬力となり、これはやればやるほどレバレッジが効くということになります。

今はこの仕組みをサラリーマンをしながら構築している最中です。

正直、ITに関して知識もスキルも持っていなかったので上手くいかないことも多いですが、それでも大変やりがいを感じながら作業をしています。

しかしながら私はサラリーマンが本業になります。

こちらのほうはしっかり責任をもって会社に利益を出せるように働きます!

よ~し、頑張るぞぉ~(。≧ω≦。)ノ